2011.3.2-4 ジョウゴ沢

 今回も、アイスクライミングに行くことになった。阿弥陀岳北稜と北西綾にいこうと思っていたが、gomiがtukaよりアックスを買ったので、アイスの出来るのも後わずかのなのでgomiの初アイストレーニングを兼ねジョウゴ沢に行ってきた。

 2日、23時何時もの新宿駅南口に集合。雨のそぼ降る中、出発。メンバーは、tuka・gomi・M-spo。予報では、土日は天候は持つとの予
報。小淵沢インターを降りると霧雨が降っているため駅ビバークにしよう行ったら先客がいたので何時もの場所でビバーク。

画像
画像


 3日
 赤岳山荘(7:50)-赤岳鉱泉(10:00)(10:50)-ジョウゴ沢F1(11:10)-乙女の滝終了(15:30)-赤岳鉱泉(16:00)
 
 軽く食事を済ませ、赤岳山荘駐車場へ。山荘への林道は、深い轍ができていて凍っている。準備を済ませ、北沢を行く。北沢は、アップダウンの無くアプローチは楽である。
 赤岳鉱泉に、テントを設営し登攀具をもってジョウゴ沢へ。ジョウゴ沢にはトレースがついていた。F1でgomiにアックスの振り方、アイゼンのけり込み方を教え登り始める。F1はロープを出さずに登る。ここで、デジカメをテントに忘れてきたことにきずく。天気が良いのに残念。
 F2はロープを出し、tukaのリードで越える。ここで、二人組みのパーテーが来る。F2上からはトレースが無く、2-30センチのラッセルとなる。乙女の滝2-300メートル手前でお腹が空いたので小休止をし行動食を食べる。後続のパーテーが追い抜いていく。二人組みは、乙女の滝は登らず大滝で遊んで変えるようだ。我々は、乙女の滝を登ることにする。tukaがロープを張りトップロープで遊び15時半終了。
 赤岳鉱泉では、アイスキャンデーが大盛況である。近くに自然の氷があるのに!

 4日
 赤岳鉱泉(6:40)-大滝終了(12:20)-赤岳鉱泉(13:00)(13:45)-赤岳山荘(14:00)

 今日は、天候があまり良くない。予報では下り坂。ジョウゴ沢をつめ、硫黄岳に行く予定でいたが予定を変更。ナイヤガラと大滝を登りピストンする事にする。
 ナイヤガラは、自分がリードでロープを張る。3分の2程登った所で落氷で顔を切ったがそのまま登りロープを張り真ん中と左を1本ずつ登り大滝へ。
 大滝では、滝の裏側に入ることができ幻想的な世界である。滝は、雪で大分埋まっていた。tukaがロープを張り一本ずつ登り時間終了。

画像
画像


 鉱泉に帰り、テントを撤収し下山。昨日の天気で、林道も大分氷が解けてきていた。春がそこまで来ている。アイスの世界ももうすぐ終わりとなる。gomiも今日は、大分登り方が上手くなってきた。来年まで覚えていてくれると良いのだが!
 
 

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック